【ドラゴンボールレジェンズ】『パンのハメ技』無限連続アーツコンボのやり方とは?

パン(SP)カードギミック

ドラゴンボールレジェンズ(DBレジェンズ)に登場するスパーキングキャラの中で最も気力回復の高いキャラクターのパンですが、実は彼女でいわゆる『ハメ技』の様なものが可能であるというお話。実際にどのようにやるのか?など、詳細をご紹介いたします。ちなみに私もこの方法には先日自分で気が付いてやっていたのですが、思ったよりタイミングがシビアで中々安定しなかったりします。

そもそもアーツコンボとは一体なに?

ドラゴンボールレジェンズでは、打撃アーツカード、射撃アーツカードなどを敵に当てるとひるみが発生し、この間身動きを取ることが出来なくなってしまいます。この時、連続して攻撃系のカードを選択すると(先攻入力)確実にヒットさせることが可能で、これによりコンボが発生します。その為、気力100の状態で相手に当てることで最大で4枚のアーツカードを連続ヒットさせることが出来、これにより大量ダメージを狙うのが基本的な戦術となるわけです。

コンボが繋がっている最中にはカバーチェンジなどをしてダメージを抑えないとそのまま倒されてしまうので、タイミングを見計らって交代をするのがおすすめです。

パンは気力を回復させながらアーツコンボが出来る?

アーツカードを選択し、実際に攻撃を行っている状態では気力が回復しませんが、逆に言えばアーツカードを選択していない状態では自動的に気力は回復していきます。

これはどのキャラクターも共通の仕様ではありますが、特にパンはこの気力回復速度が非常に早く、溜めるの動作を必要としない程。これを利用してハメ技のようなものをすることが出来てしまうというわけです。

先述の通り、アーツカードを連続選択することでコンボを発生させることは可能ですが、特殊アーツや必殺技アーツを持っている場合には最大の4コンボというのは通常は不可能です。

このパンのアーツハメ技のヒントとなるのは『必ずしもアーツカードを連続選択してコンボを発生させる必要はない』という事です。

パンのアーツハメコンボのやり方は?

では、実際にどうやってハメ技を行うのか??これは私自身がやってみた方法ということになってしまうので、正確にこれで正しいかというのはわかりかねますが、成立はするので、この方法でやるという事なんだと思います。

ざっくりとしたやり方を説明すると、手札に射撃アーツ、打撃アーツをそれぞれ1枚以上(打撃アーツは2枚以上が望ましい)持っている状態且つ、気力は出来れば100ある状態が良いです。

①射撃アーツを当てます(打撃アーツでもできるかもしれないですが、射撃の方が安定しました)

dbレジェンズパンアーツコンボハメ

パンで射撃アーツを放つ。

dbレジェンズパンアーツコンボハメ (2)

ヒットしたところがハメの起点となります。

②すぐに打撃アーツを選択してコンボをつなげるのではなく『前方フリック操作でダッシュして近づきます』これにより、気力が回復、また使用したカードの代わりのアーツカードが手元に入ってきます。
※①で射撃アーツ起点の方が安定すると記載しましたが、トライ&エラーを繰り返した結果、前方フリックを先行入力で仕込めさえすれば打撃アーツスタートで問題なくコンボが継続します。

dbレジェンズパンアーツコンボハメ (3)

連続でアーツカードを選択すると気力は回復しませんが、ダッシュで近づくと40→47へ回復しています。

③ダッシュして近づいたモーション確認後『最速入力で打撃アーツを選択します
これでも相手の怯み状態が解除されずコンボが繋がります。

dbレジェンズパンアーツコンボハメ (4)

気力40状態ですぐに打撃アーツを選択したら残り20になってしまうはずのところ、残り31で済んでる上、コンボが成立しています。

④再び③と同じように、ダッシュモーションを挟んでから打撃アーツを選択し続けるだけで、ハメの様な状態になります。ただ、手元に配られるアーツカードはランダムなので、打撃アーツが切れる、または気力回復が間に合わなくなるまで延々と続ければコンボが繋がり続けます。

dbレジェンズパンアーツコンボハメ (5)

配られたのは射撃アーツでしたが、ここで打撃アーツの場合、さらに次、さらに次、とすることが出来ます。

ちなみにダッシュ後射撃アーツでもコンボは繋がるには繋がります。

ただ、気力の消費が30なので20である打撃アーツの方が回数を多く稼げる、はずです。

射撃アーツと打撃アーツでは硬直の時間が違うので、先行入力が可能になるタイミングにずれが生じます。

無限にやろうと思うと、常に打撃カードが手元にある状態を確保しないと、最速入力が間に合わなくてコンボが途切れてしまうので(先行入力可能なタイミングでカード配布が間に合えば問題なし)この辺りは慣れが必要かな?という感じです。ダッシュ入力後のアーツカード選択も最速でやるのが望ましいですが、あまり早すぎると気力回復が間に合わなかったり、カードが配られるのが遅かったりで安定しないこともあります。
前方フリックのダッシュ先行入力が確実にできている場合には、その後最速でアーツカードを選択するのが望ましいです。逆に言うと、前カード選択後の硬直が切れるタイミングをしっかり把握して、ダッシュの先行入力のタイミングさえつかめれば、その後は打撃アーツでも射撃アーツでも、気力に余裕があるカードを選択すれば、コンボはつながります。練習してみて下さい。ただ、カードをどんどん切ることになるので、そのままライジングラッシュにつなげることが出来たり、射撃技で締めるだけで敵を倒せてしまう事の方が多い感じがしました。

パン以外のキャラクターで無限ハメコンボは出来ないの?

他のキャラクターで同じ動作をすると、気力回復が全く間に合いません。パンと同じくらい気力回復速度が早ければ似たようなことは可能かと思いますが、それについては特に検証をしていないのでわかりません、すみません(笑)

キャラクターでも色々と試してみました。

SPパン以外でも気力回復の高い、EX天津飯、EXチャオズ、EXタオパイパイではかなりの回数をコンボでつなげることができます。

つまり、無限には出来ないというだけで、コンボ数を通常の4以上当てる事というのは他のキャラクターでも出来るということになります。

この方法を某所では『摺り足アーツコンボ』みたいな感じで呼んでいるわけですが、パン以外のキャラクターでやるのも割とオススメだったりします。

気力回復があまり高くないキャラクターでは無限ハメコンボみたいなことは出来ないですが、実際微妙に気力が足りなくてカードが選択できない…というような場合でも、間に合ったりすることがあったりしますし、ダッシュの先行入力ミスをしてしまうことで微妙にタイミングがずれるので、ディレイのような感覚で敵のバニシングステップを失敗させられることもできたりします。テクニックとして覚えておいて損は無いので、パンを持っていない!という人でも一度試してみて欲しいです。

この記事を読んだ人にオススメ

管理人コメント・まとめ

PvPでやると嫌われちゃう可能性があるので注意です!ただ、いずれこの辺りは修正になって出来なくなっちゃいそうな気もしますね。

※読まれている人気記事

【ドラゴンボールレジェンズ】Vジャンプ9月号で人造人間17号・18号のリーク画像や情報公開!

【レジェンズライジングガシャ第2弾】みんなのガチャ結果SS画像まとめ

トップへ戻る